無料WordPressテーマで有名なLightningの特徴について

ビジネスサイトにもブログにも対応できるWordPressテーマは有料の場合が多かったりしますが大盤振る舞いのテーマがあります。

しかも今回紹介するテーマはWordPress公式ディレクトリに登録されているテーマなので信頼感もあります。

Lightningと言うテーマでBizVektor(ビズベクトル)で有名な株式会社ベクトルが制作したテーマです。

無料WordPress(ワードプレス)テンプレート Lightning

スポンサードリンク

Lightningの特徴

Lightningはなんと言ってもWordPress公式ディレクトリに登録されているテーマで、日本人向けのビジネスユースに都合が良いデザインが特徴かと思います。無料プラグインのVK All in One Expansion Unit(通称:ExUnit)と一緒に使うことによって機能を最大限に引き出すことができます。

もちろんホームページ制作の専門の知識がない方でも安心して使えるように日々進化しています。

多機能プラグインExUnitできること

ExUnitの最大の魅力は企業向けサイトの構築が簡単に行なえます。ビジネス用サイトに必要な機能が豊富に揃っています。コールトゥアクション(CTA)にも対応しているので資料請求やサンプル請求など訴求したいことが簡単に行なえます。

また各種SNSとの連携や便利なウィジェット機能、その他よく使われる機能などが無料で簡単に設置することができます。

  • シェアボタン
  • ページ制作に役立つ便利なCSS設定
  • GoogleAnalytics解析コード
  • ヘッダーにOGPタグ自動出力
  • Twitterカードタグ自動出力
  • 投稿の本文の前、moreタグ、本文の後に広告の一括挿入

他にも様々な機能を追加していてますます目が離せないWordPressテンプレートですので是非チェックしてみてください!

子テーマでカスタマイズをする

WordPressを利用される祭に注意したいのがテーマの扱いです。カスタマイズをしないでそのまま使うのには問題はないのですが、スタイルシートやテンプレートの修正などを行う場合は必ず子テーマを作成しそちらでカスタマイズすることをおすすめします。

子テーマのメリットや作り方をまとめておりますので参考にして頂けたら幸いです。

今後はLightningのテンプレートに合わせたスタイルシートなどのカスタマイズ方法をまとめていきたいと思っております。