無料WordPressテーマで有名なSimplicityの特徴について

SEO対策済みのWordPress(ワードプレス)テーマは数多くありますがカスタマイズがしやすいテーマはあまり多くありません。

しかし今回紹介するテーマはブロガーにも定評のある人気のテンプレートです。WordPress公式ディレクトリには登録できない仕様ではありますが、作成者の技術力の高さとサポート力がとても魅力的で今後も目が離せないテーマの一つです。

無料WordPress(ワードプレス)テンプレート Simplicity

スポンサードリンク

Simplicityの特徴について

Simplicityの最大の魅力として検索エンジンへの最適化(SEO)があります。

  • デフォルト状態でW3CのHTML5バリデーションのエラー0
  • タイトルや見出しなど適切なHTML構造に
  • 分割ページにrel=”next”/”prev”タグの追加して順番を伝える
  • リッチスニペットを用いたパンくずリストによりサイト構造を適切に伝える
  • TIMEタグを用いて記事の更新時間を検索エンジンに正確に伝える
  • メタディスクリプション記入欄(抜粋)の設置
  • テーマに使っている画像などはできる限り圧縮して転送サイズを減らす
  • hentryのマークアップに対応
  • ウェブマスターツールの構造化エラー0
  • Googleのモバイルフレンドリーテストに合格
  • PageSpeed Insightsのモバイルユーザエクスペリエンスが100点
  • AMPに対応

常にテーマの見直しもあり業界の動向にも敏感で対応がとても早いです。カスタマイズ方法なども包み隠さず教えてくれているので技術者の参考にもなっています。

また拡散のための仕掛けが数多く施されています。シェアカウントをJavaScriptで非同期で取得するため、ページ表示スピードがアップする独自シェアボタンも2種類用意してあります。

レスポンシブデザインで構築されておりGoogleサイト診断ツール「PageSpeed Insights」のモバイルサイトのユーザーエクスペリエンス診断で満点を叩き出しています!またアドセンスなどの収益化にも力を入れています。

ブログを書くことに集中ができるテーマかと思います。ホームページ制作になれていない方でも扱いやすいWordPressテーマかと思います。

子テーマでカスタマイズをする

WordPressを利用される祭に注意したいのがテーマの扱いです。カスタマイズをしないでそのまま使うのには問題はないのですが、スタイルシートやテンプレートの修正などを行う場合は必ず子テーマを作成しそちらでカスタマイズすることをおすすめします。

子テーマのメリットや作り方をまとめておりますので参考にして頂けたら幸いです。

今後はSimplicityのテンプレートに合わせたスタイルシートなどのカスタマイズ方法をまとめていきたいと思っております。