WordPressのインクルードタグの使い方

WordPress(ワードプレス)にはテンプレートインクルードタグというのがあります。あるテンプレートファイルの中で、他のテンプレートファイルのHTMLやPHPを読み込みたいときにインクルードタグを利用します。

今回は基本的なテンプレートのインクルードタグをご紹介します。

スポンサードリンク

ヘッダーテンプレート

get_header()は、現在のテーマディレクトリからheader.phpまたはheader-name.phpファイルを読み込みます。

get_header();

フッターテンプレート

get_footer()は、現在のテーマディレクトリからfooter.phpまたはfooter-name.phpファイルを読み込みます。

get_footer();

サイドバーテンプレート

get_sidebar()は、現在のテーマディレクトリからsidebar.phpまたはsidebar-name.phpファイルを読み込みます。

get_sidebar();

カスタムテンプレート

get_template_part()は、現在のテーマディレクトリからslug.phpまたはslug-name.phpファイルを読み込みます。

get_template_part();

検索フォームテンプレート

get_search_form()は、現在のテーマディレクトリからsearchform.phpを読み込みます。ファイルがないときは検索フォームが生成されます。

get_search_form();

コメントテンプレート

comments_template()は、現在のテーマディレクトリからcomments.phpを読み込みます。

comments_template();

WordPressでの構築の基本となるのがインクルードタグです。これを見ただけでは解決にはなりませんがテンプレート階層テンプレートタグも参考に組んでいけばWordPressでの構築が少しでもできるようになるかもしれません。