Former Tweet Old Post

過去記事を自動的にツイートしてくれるWordPressプラグイン Former Tweet Old Post

ブログを運営しているとどんどんたまっていく記事ですが、そのまま埋もれたままにしていませんか?

Twitterなどで過去記事をランダムでツイートしてくれるWordPressプラグイン Revive Old Post (Former Tweet Old Post) が設定も比較的かんたんでおすすめです。

プラグイン名 Former Tweet Old Post
バージョン 7.4.7

WordPress.orgからダウンロードされる際は、上記のリンクからプラグインのページに行き「ダウンロード」をクリックするとプラグインが入ったZIPファイルをダウンロードすることができます。

プラグインのインストール

プラグインのインストール方法はいくつかあります。

  • WordPressダッシュボード内「プラグイン」の「新規追加」ページよりインストールする。
  • WordPress.orgからプラグインをダウンロードしてFTPなどでプラグインディレクトリに直接アップロードする。
  • プラグインファイルをダウンロードしたらWordPress「プラグイン」の「新規追加」にある「プラグインのアップロード」からインストールする。

公式サイトに掲載されているプラグインの場合は一番目、ダッシュボード内にあるプラグインのページよりダウンロードしたほうが簡単です。

WordPress内にプラグインをインストールしたら「インストール済みプラグイン」でプラグインの確認をすることができます。

各プラグインにある「有効化」をクリックすることでプラグインの機能が使えるようになります。機能を止めたい場合は「停止」をクリックすると機能を止めることができます。

Former Tweet Old Postの使い方

設定するまでがちょっと面倒な感じもしますが、設定してしまえばあとはそんなに更新するプラグインではないのでしっかり設定していきましょう。

プラグインをインストールして有効化すると管理画面左メニュー下に「Revive Old Post」の項目が表示されるのでクリックします。

Revive Old Postの設定画面に入ります。まず最初に表示されるのが各ソーシャルネットワークのアカウントログイン情報を管理するページ「Accounts」になります。

Twitter Login
Twitterアプリとの連携
Facebook Login
Facebookアプリとの連携

他のSNSとのアカウント連動もできるのですがプロバージョンで使えるようになります。フリーではTwitter、Facebookのみになります。

続いてランダム投稿する記事の設定をする「General settings」の項目の説明です。
ランダム投稿を除外することもできるのでしっかり設定していきましょう。上から説明していきます。

Minimum interval between shares
投稿までの間隔(時間)
Minimum age of post to be eligible for sharing
投稿対象に含める最小日数
Maximum age of post to be eligible for sharing
投稿対象に含める最大日数
Number of Posts to share
1度に投稿する記事数
Share old posts more than once
過去記事を繰り返し投稿する
Post Type
投稿するポストタイプ
Google Analytics Campaign Tracking
Google Analyticsを有効化
Exclude/Include Specific Categories
ランダム投稿を除外するカテゴリー
Select image size
画像のサイズ

デフォルトのままでも使えるかと思います。上から説明していきます。

Post Content
投稿する内容
Length
ツイートの長さ(初期:140文字)
Post Content Custom Field
カスタムフィールドから文言を取得
Additional Text
投稿に追加する文言
Additional Text At
上の文言の挿入位置
Include Link
投稿にリンクを挿入するか否か
Fetch URL From Custom Field
カスタムフィールドからURLを取得
Use URL Shortner
短縮URLを利用する
URL Shortner Service
短縮URLサービス
Hashtags
ハッシュタグ
Post with Image
画像添付(プロバージョン)

各設定が完了したら下にある「SAVE」をクリックして設定内容を保存します。

投稿の内容を確認したい場合は「SEE SAMPLE POST」で確認することができます。

ランダム投稿を開始するには「START SHARING」を必ずクリックしてください。押さなければ自動投稿の処理がされません。

過度なツイートはあまり良くありませんが自動的に過去の記事を掘り起こしてくれるプラグインは運営上的にもありがたいです。

このページのタイトルとURLをコピーする